MENU

    サンダルで指の間が痛い!甲や足裏も…靴ズレ対策はこれでばっちり!

    夏のレジャーや普段使いにはサンダルが大活躍!!

    わたしもサンダルが大好きで、毎年新調しています♪

    でも、サンダルが足に合わないと靴擦れができたり、ビーチサンダルだと指の間が赤くなって、ひどくなると水ぶくれが破れて歩けないくらい痛くなることもあります…。

    そんなお悩みに、サンダルを楽に履くコツや靴ずれ防止のグッツなどをご紹介します。

    目次

    サンダルで足が痛いあなたへ!指の間や甲が痛くなる理由は?

    楽しい時間も、靴擦れで足が痛いと思いっきり楽しめません…。

    でも足が痛くなる前に、予防・対策をすれば、お気に入りのサンダルも履けて楽しめますね。

    サンダルで足が痛くなる理由

    薄くて細いストラップ部分だけで足を固定している

    ビーチサンダルで歩いていると、無意識のうちに(脱げないように)、足や指の付け根に余計な力が入ってしまいます。

    鼻緒タイプ」のサンダルだと、人差し指と親指の間に力が入って、パカパカさせて歩くので、摩擦が多くなり皮がむけることも。

    同じく摩擦が原因で、甲の部分も痛くなってしまいます。

    靴底が薄い

    足の裏には、ちょうど指の付け根からかかとくらいにつながっている「足底筋膜」という筋膜がああります。
    足底筋膜は、地面からの衝撃などを受け止めてクッションの役目をしています。

    サンダルは底が薄いものが多いので衝撃がダイレクトにかかるため、長時間歩いていると足の裏が痛くなることがあります。
    足の裏が痛くなる理由は、摩擦と靴底に問題があるからです。

    サンダルで足が痛い時の対策方法&対策グッズ5選!

    サンダルで足が痛くならないようにするためには、何と言っても摩擦を無くすことが一番です!

    痛い時の対策

    バンドエイドマメ・靴ずれブロック

    応急処置ですが、バンエイドを貼ると、トング部分(鼻緒)と皮膚の間にクッションの役目になるので痛みが軽減されます。
    また、この絆創膏は厚みがあってクッション効果大です。

    靴ずれができる前、履くときに透明のテープで保護しておくだけでも全然違いますよ!

    マリンソックス

    マリンソックスを履いてサンダルを履くと、皮膚が守られて靴ずれの痛みを和らげてくれて、靴ずれの予防にもなります。

    靴ずれ予防グッズ

    • トングサンダル用パット「パフィージェル・トングプラス」

    ポリウレタンを使用したトング用のサンダルパットで、裏面に粘着性があって、

    鼻緒部分にセットするだけで指の間の靴ずれを和らげてくれます。

    また、足底にあたるクッションが歩くときの衝撃を和らげてくれて、二つの優しさがあります。

    ¥1,000 (2024/06/15 13:15時点 | Amazon調べ)
    • 指楽歩 トングサンダル用パット

    トングサンダルの鼻緒部分に取り付けて使うことで、

    鼻緒部分の圧迫や摩擦を軽減して、指の間の痛みを和らげます。

    透明タイプで、汚れたら洗って繰り返し使えます。

    また嬉しいことに、外反母趾対策にも効果があります!

    • PREHEELS(プレヒールズ)靴ずれ防止スプレー

    これは画期的な靴ずれ防止グッズ!

    靴ずれしやすい部分の肌にしゅーっとスプレーして乾かすだけで、

    薄いフィルムを貼ったようになり、靴ずれを防止します。

    水に強いのに、取るときは石けんで洗い流せます!

    ばんそうこうやパッドと違って、全く目立たないのがポイント!

    まとめ

    お気に入りのサンダルでお出掛けしたい時には、

    サンダルと皮膚の摩擦が無いようにグッズを使うことも大切ですが、

    自分に合うサイズのものを選ぶ事も大事ですね

    また、靴ずれ予防グッズがない時は

    トングの当たる指の間にワセリンやボディークリームを塗ってから

    サンダルを履くことも効果的です!

    よかったらシェアしてね!
    目次